「オリンピックがある2020年までの金価格を知りたい」

「これからの金が上がる・下がる要因を学びたい」

 

金の投資をはじめた人なら、金の価格変動を気にするのが当たり前でしょう。なぜなら、金相場の動きが、金の買取価格を変えてしまうのです。

 

しかし、投資に詳しい人でなければ

  • 金の価格が下がるパターンがわからない
  • 予想なんてできるワケがない
  • 日本の景気はオリンピックまで良いと予想する

人が多いけど、金の話は聞かない。

 

という考えている人もいますよね?

 

ここからは、これまでの金相場・2020年までの金相場の特徴・金の価格が動く3つのワケを、貴金属ライターが解説します。

 

具体的な記事の内容は、以下のとおりです。

 

  • 金の価格が上がったタイミング
  • インフレや好景気によって、金の価格は上がるのか

 

といった金の価格が上がるポイントを解説します。

さらっと5分ぐらいで読める内容のため、純金積立や金を売りたい人は参考にしてくださいね。

 

金相場のおさらい

2019年3月22の金は、小売価格が5,074円。買取価格が4,989円です。しかし、過去5年間(2014年~2019年)の価格を見ると、小売価格が4,200円台まで落ち込みました。

 

過去の金相場を振り返ることで、「ここまで下がるだろう」といったチャートを読み解く力も付けられます。

 

リーマン・ショックでも下げない

アメリカや日本経済をパニックに追い込んだのが「リーマン・ショック」です。リーマンブラザーズ(アメリカの投資銀行)の破たんがキッカケです。

 

ドル建ての金価格は、以下のような価格の変動がありました。

 

【リーマン・ショック時とその後のドル建て金価格】

 

年月日 高値 安値 平均価格
2008年9月 905ドル 740ドル 827ドル
2008年10月 918ドル 692ドル 809ドル
2008年11月 822ドル 713ドル 759ドル
2018年12月 881ドル 749ドル 818ドル

 

リーマン・ショック後の2008年10月には、692ドルの安値を付けています。2008年11月は、平均価格が759ドルと800ドルを割れました。

 

しかし、1年後の2009年12月には、リーマン・ショック前の水準を超えたのです。

 

【リーマン・ショックから1年後のドル建て金価格】

 

年月日 高値 安値 平均価格
2009年12月 1,218ドル 1,080ドル 1,134ドル

 

リーマン・ショック時のドル建て金価格である827ドル(平均価格)を、307ドルも上回っています。

 

たった1年で金の価格は、下落どころか上昇トレンドとなりました。翌年の2010年12月には1,392ドル(平均価格)。

 

2011年9月には、1,923ドル(高値)という過去最高を記録しています。2013年2月までは、1,500~1,600ドル(平均価格)をキープしていました。現在の金価格は、1,300ドル近辺をウロウロとしています。

 

株価が暴落したリーマン・ショックがあっても、金の価格は大きく下げていないのです。

 

ドル高になると金の価格が下落

金の価格が最安値を付けたのは、1999年ごろです。当時のドル円は、103円~123円前後の価格を推移していました。

 

ドル円が120円(平均価格)だった1999年7月には、252円(1999年の最安値)を記録しています。

 

ドルが高いときは、金の価格が低かったのです。しかし、現在では国債の利回りにも左右されるため、ドル高だけで金が下落するワケではありません。

 

2020年までの金価格はどうなる

2020年といえば、東京オリンピックが行われます。世界から外国人が訪れるため、インバウンド(日本への旅行者)に向けたホテルの建設ラッシュが起きています。

 

2019年3月22日に発表された「2019年1月の景気先行指数」からも、96.5%(前回:95.9%)と少なからず景気が上向きと考えられるでしょう。

 

しかし、金の価格も上がり続けるのかわかりませんよね?

 

ここでは、2020年までの金の価格が動く要因を紹介します。「●●があれば、上がる・下がる」と書きますが、あくまでも1つの予想だと考えてください。

アメリカの景気が良ければ下がる

 

アメリカの景気が良くなれば、企業は設備投資や雇用を増やすでしょう。日本でも、1980年代に起きたバブル景気のときは、ボーナスの入った袋が立ったと言われています。

 

企業の配当も上がりやすくなるため、株式にはお金が流れます。しかし、景気が良いときに金を持ち続けても、金利も付かないため売ってしまう人も増えるのです。

 

買っていた人の売り注文もあるため、金相場の価格が下がってしまいます。相場と連動している金の買取価格も落ちるでしょう。

 

金とは、景気が悪いときは主役ですが、良くなると脇役のような存在です。

 

新興国のニーズが増えると上がる

金の価格を上げるのは、新興国の買いではないでしょうか。新興国とは、インドや中国といった先進国(日本・アメリカ)を除いた国を指します。

 

新興国では、安定感のない経済を支えるために金を購入します。そのため、新興国が伸びていけば、金へ資金が集まりやすいのです。

 

アメリカ国債の金利低下で上がる

アメリカ国債の金利が下がると、金の価格は上がります。例えば、アメリカの10年国債は10月1日に金利が3.1%まで上昇。ドル建ての金(平均価格)は、約1,215ドルでした。

 

しかし、金利が約2.5%まで下落した2019年2月には、約1,320ドル(平均価格)と105ドルと金の価格は上がりましたね。

 

アメリカ国債の金利が低くなると、金の価格も下がりやすいです。

 

アメリカがインフレになると下がる

アメリカがインフレになると、金の価格も下がりやすいのです。インフレになると、商品の値段は上がりました。

 

過去には、ドイツやベネズエラでハイパーインフレ(インフレを超える)となって、物価が数兆倍となって、お金を積み上げる子どもの写真も残されています。

 

給料が物価に追いつかないインフレでは、金の価格も下がるのです。しかし、物価が給料を超えないインフレなら、金の価格も上がるかもしれません。

 

赤字額が増えると上がる

政府の赤字が増えると、金の価格は上がりやすいでしょう。あなたもキャンブルで借金のある人から「お金を貸してください」と言われても断りますよね?

 

なぜなら、借金を作る人はお金にだらしなくて、信じにくいためです。(連帯保証人は除く)

 

おそらく自己投資や好きなものにお金が使うでしょう。財政赤字がある国の通貨よりも、価値がなくならない金を買う人が増えるのです。

 

これが、金の価格が上がるシナリオになります。

 

まとめ

2020年までの金価格が上がるには、物価が所得を超えないインフレ・金利の低下・不景気・ドル安・新興国の需要増が必要です。

 

しかし、上記のことが2020年までに起きるとは予想できません。景気がよくなって金利も上がるシナリオも考えられます。

 

金への投資をしたい人は、価格が下がる・上がるパターンを考えて、金だけではなく株式・債権へ分散投資するなどのリスクヘッジが必要です。

 

最新の金相場を確認するならこちら!

 

金相場を毎日更新中