創業から現代まで多くの女性を魅了してきたラグジュアリーブランドのシャネルは、製品の形がほとんど変わっていないにも関わらずそれでも不動の人気を誇っています。

しかしシャネルの製品はラグジュアリーな外見のため服が合わせにくく、シャネルの製品を使わず長期間保存したままにしている人も多いのが実情です。

そこで今回の記事ではそんなご自宅で眠っているシャネルの買取情報をお伝えしたあとに、シャネルの買取方法ごとでメリットとデメリットをまとめて解説していきます。

シャネルは高く売れるの?

シャネルは日本においては1994年に銀座にはじめてオープンされました。

シャネル自体は1909年にフランスはパリで設立されましたので、

日本にオープンされる前からシャネルの製品は日本国内でも流通されており多くの女性がシャネルの製品を愛用していました。

シャネルの製品の特徴は形状やデザインが極端に変わることなく従来の製品の良さを踏襲しながら展開されており、

また、昔ながらの形状やデザインの製品も今もなお販売され続けています。

現代においてはシャネルは新製品であれば新製品であるほど高い値段で買取業者が買い取ってくれるのですが、シャネルは昔流行ったシャネルの製品、

いわゆるヴィンテージシャネルと呼ばれる製品は長い歳月を経過してもなお高額で買い取ってくれる数少ないブランドのひとつです。

ヴィンテージシャネルはどれぐらいの査定金額がつく?

たとえば現在も販売されているシャネルの製品にショルダーバッグがありますがきれいな状態のもので130,000円程度の買取ですが、

同じ形状・サイズのヴィンテージシャネルですと状態がよいもので90,000円程度の査定金額がつくことがあります。

現行品とヴィンテージシャネルの買取金額を比べてもやや差はあるものの、そこまでの差がなく、

むしろヴィンテージシャネルと呼ばれる1980年から1990年の間で流通したシャネル製品が今もなおこのような高額価格で買い取ってもらえることは他のブランドにはなかなかありません。

ご自宅にシャネルの製品を眠らせているのであれば高額で買い取ってもらえる可能性があるので、ぜひ一度買取業者に査定をしてもらうとよいでしょう。

シャネルはどこで売るのがいい?

シャネルは日本だけでなく世界全体でニーズのある製品ですので、業者であればシャネルの製品の買取に積極的のため高額での査定額をつけてくれるところが多いです。

しかし近年では買取業者だけでなく自分でなにかを販売できる、

いわゆる「フリマアプリ」の登場により買取業者を使わなくても自分の好みの金額でシャネルの製品を出品しお金にすることができます。

買取業者やフリマアプリを使用するにしてもいずれもメリットやデメリットがありますので、それぞれの良さなどを分けてお伝えしていきます。

店頭・店舗で買取してもらう

シャネルだけでなくブランド製品に共通していえることですが、

バッグや財布を売却したい場合一番に思いつくのはやはりお近くにある買取業者の店舗に持ち込んで買い取ってもらう方法があります。

店頭・店舗でのメリット

店頭での買取は査定士が常駐していますのでその場ですぐに持ち込んだシャネルの製品を鑑定して、

いくらで買い取ってくれるかを見積もってくれるのであなたのシャネルの製品がいくらで売れるのかすぐに知ることができます。

また店頭で買い取ってもらう最大のメリットはその場ですぐに現金化できることであり、急ぎで現金が必要な場合は買取業者を利用するとよいでしょう。

街の中に行くと買取業者の看板をよく見かけますが、買取業者といっても専門分野をもっているところもあり、中にはシャネルに特化した買取専門店もあります。

シャネル買取専門店のメリット

よくある買取業者とシャネル買取専門店では査定や現金での買取は共通なのですが、よくある買取業者ですとシャネルに対する知識が少ないこともあり、

経歴が浅い鑑定士ですと場合によってシャネル製品の価値を見落としてしまい、安く買取金額をつけてしまう場合があります。

シャネル買取専門店の場合はシャネルに対する知識を特に掘り下げて研究していますから、形、デザイン、縫製などひとつひとつをしっかりと見てくれますので、

より状態がよいシャネルの製品であれば高額の値がつくとわかっていますから、あなたのシャネルも高額で買い取ってくれるのです。

よくある買取業者とシャネル買取専門店を比べると?

よくある買取業者ですと、ブランド製品の買取は新品の価格(定価)の最大で70%程度で買い取るのがセオリーなのですが、

シャネル買取専門店ですと状態(キズや使用感の有無など)にもよりますが定価の80%前後をつけてくれることもあります。

たとえば現行のシャネル製品のひとつに580,000円程度の代表的なショルダーバッグがありますが、

よくある買取業者ですと良好な状態で400,000円、シャネル買取専門店ですと460,000円と大きく差が出てきます。

少しでも高くシャネルの製品を買い取ってもらいたいとお考えの場合はお近くのよくある買取業者ではなく、シャネルに強い買取専門店にお任せするとよいでしょう。

 

シャネル買取専門店 一般的な買取業者
メリット 高額でシャネル製品を買い取ってもらえる 安定した買取価格が提示されやすい
デメリット 店舗数が少なく、近くに買取専門店がないエリアがある 高額での査定金額が出にくい

 

フリマアプリで出品する

近年ではスマートフォンやタブレットのアプリがめざましく発展しており、その中で自分のバッグや財布を自分の好みの値段に設定して出品できるフリマアプリが登場してきています。

フリマアプリは自分の好きなタイミングで自分の理想の価格でシャネル製品を出品できるので買い手さえ見つかれば納得いく売却ができるのですが、フリマアプリにはいくつかデメリットも存在します。

フリマアプリのデメリット

フリマアプリはあなたの好きなタイミングでシャネル製品を出品できるのですが、

出品から販売完了まですべて自分で対応しなければいけませんので手間や面倒がどうしても発生してしまいます。

たとえば、フリマアプリに出品する場合、シャネル製品の写真を自分で撮影し好みにあわせて画像を編集し、そして商品の説明文を考えて記載しなければいけません。

さらに出品すればかならず買い手が見つかるという保証はありませんので、たとえば価格設定が高すぎると買い手が現れず売れ残ってしまい「なぜ売れないのか」や、

「売れないのはおかしい」などストレスやイライラが募りがちで心情的にあまりいい影響がありません。

価格設定も買い手が見つかる価格帯を自分でリサーチしなければいけませんので、

安定した買取金額と即日現金での買取が可能な買取業者と比べるとスピード感に欠けるため、急いで売却したい人には向かない売却方法といえるでしょう。

 

フリマアプリまとめ
メリット 自分のタイミングで出品できる 好きな価格で出品できる
デメリット すべて自分で対応しないといけない 買い手がかならずすぐに見つかるとは限らない

 

査定金額をあげるにはどうすればいい?

シャネルの製品はおおむね高額の買取金額がつきやすいブランドではありますが、

買い取ってもらおうとしているシャネルの製品の状態によって買取価格が下がることがあります。

大きくはシャネルの製品についたキズや劣化、内部の状況にって左右するのですが、

状態の悪いまま買取業者にシャネルの製品を持っていってもあまりよい結果にはなりませんが、ある程度自分でケアをしておくと買取価格を下がらないようにすることができます。

クリーナーできれいにする

シャネル製品の中で特にバッグは人気の買取アイテムですが、バッグは使用していくと表面に擦り傷や汚れがつきやすい一面もあります。

汚れの代表的なものに食事の際に跳ねたソースの付着がありますが、たとえばレザーのバッグであれば、

やわらかい布に表革用のクリーナーを馴染ませて優しくふき取るようにすると汚れを落とすことが可能です。

このとき汚れをしっかり落としたい気持ちが先行して強く擦ってしまうとレザー製品ですと

かえってキズになったり汚れが広がってしまうことにも繋がりますので注意しなければいけません。

バッグ内部は清潔に

バッグは使用していると内部にホコリやゴミが隅に溜まりがちで意外と見落としてしまうポイントです。

査定士はこの内部のホコリやゴミなどもしっかり見ていますので、安く買い取ろうとして内部が不衛生であることを理由に安い査定金額を出すことがあります。

バッグ内部であればバッグを上下にひっくり返して積もったゴミやホコリを出すだけでも印象は変わりますので、気軽にできるケア方法ですのでぜひ挑戦してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

シャネルのバッグは売ろうと思えば業者だけでなくアプリを使用すれば自宅にいながら売却できるので、あなたの好みにあわせて売却方法を選ぶことができます。

ただ業者の選定、フリマアプリの馴れ不慣れによっては満足のいく価格でシャネルの製品を売却できないこともありますので、

シャネルの知識に長けたシャネル買取専門店にお任せするのが一番です。

シャネルは人気のブランドですのでお近くにシャネル買取専門店が展開されていることもありますので、

シャネル製品の買取をご検討の場合は買取専門店がお近くにあるかチェックするところからはじめてみてはいかがでしょうか?

【ブランドレックス シャネル買取について詳しい情報はこちらです】