受付時間/10:00~19:00

銀座ブランドレックス > 買取速報 > バッグ・財布 > ルイヴィトン パピヨン30 M51385を買取させて頂きました!

買取速報

ルイヴィトン パピヨン30 M51385を買取させて頂きました! NEW

  • カテゴリー

  • ブランド名

  • モデル名

    パピヨン30

  • ライン名

    モノグラム

  • 型番

    M51385

  • 付属品

    ポーチ

  • 買取店

    心斎橋店

ブランドレックスなら

35,000 ~ 95,000で買取!

※年式、状態で変動いたします。ご了承ください。

鑑定士からのコメント

ルイヴィトンのパピヨン30を買取させて頂きました!

買取方法は店頭買取です。

 

今回のバッグはモノグラムのバッグの相場が高騰しているとのことで使わなくなったバッグの買取を希望されている方でした。

来店の動機は弊社のHPや口コミ、仮査定金額を見てご依頼いただいたという経緯があります。

 

早速、査定ポイントを見ていきましょう。

今回の査定ポイントは2つです。

 

1.状態

2.付属品

 

1.状態

バッグの買取査定では状態の確認が非常に重要なポイントになってきます。

今回のバッグは状態確認ポイントが多かったので順番にお伝えしていきます。

まずはキズです。

バッグは使用していると必ずキズが付いてしまいます。

そのキズの度合でも査定金額が変わってきますので、しっかり見ていきます。

バッグで最もキズが付きやすい底角を見ていきます。

今回のバッグは大きな底角のキズはありませんでしたが、小さなキズがヌメ革全体に付いていました。

ヌメ革は基本的に補修が出来ない素材で、商品ランクを下げて販売するしかありません。

 

ハンドル部分のキズの確認もしていきます。

ハンドル部分、特に付け根部分は金具を使用していて、徐々に摩耗し痛んでしまいます。

今回のバッグも摩耗し痛んでいました。

こちらのハンドルの付け根は特に痛みやすく、ちぎれてしまう事もあるのでご注意下さい。

 

次にヌメ革の日焼けを見ていきます。

ヌメ革は日焼けによる変色が起きやすい素材です。

使用していると必ず変色しますが、使ってなくても変色してしまいます。

ハンドル部分のヌメ革です。

ハンドル部分は日焼けによる変色だけでなく、皮脂汚れなどで黒く変色します。

今回のバッグも日焼けと皮脂汚れによる変色が発生していました。

 

あとバッグ表面のコーティングキャンバスと内側の汚れですが、今回のバッグは特に問題点も無くキレイな状態でした。

 

2.付属品

パピヨン30の付属品は保存袋とポーチです。

保存袋は欠品していても特に問題ありませんが、ポーチの欠品は大きなマイナスになります。

パピヨンのポーチは単独でも使えるデザインで、ポーチだけ使用してる方も多いです。

その為ポーチだけ状態の良くない物や、欠品している物が多い印象です。

今回はポーチも付いていました。

 

まとめ

以上2点の査定ポイントを紹介させて頂きました。

今回のバッグはヌメ革の状態が良くなかった点が査定に響いてしまいました。

相談料・査定料が無料!

はじめての方でもお気軽にご連絡ください!