受付時間/10:00~19:00

銀座ブランドレックス > 買取速報 > バッグ・財布 > ルイヴィトン スピーディ30 M43005を買取させて頂きました!

買取速報

ルイヴィトン スピーディ30 M43005を買取させて頂きました! NEW

  • カテゴリー

  • ブランド名

  • モデル名

    スピーディ30

  • ライン名

    エピ

  • カラー

    トレドブルー

  • 型番

    M43005

  • 付属品

    パドロック、カギ

  • 買取店

    心斎橋店

ブランドレックスなら

30,000 ~ 50,000で買取!

※年式、状態で変動いたします。ご了承ください。

鑑定士からのコメント

鑑定士コメント

ルイヴィトンのスピーディ30を買取させて頂きました!

買取方法は店頭買取です。

 

 

 

では、査定ポイントと市場相場動向を見ていきましょう。

今回の査定ポイントは2つです。

1.状態

2.付属品

3.スピーディ30の市場相場動向

 

1.状態

買取査定で最も重要な状態の確認をしていきます。

 

まず見ていくのが底角と本体のキズです。

スピーディ30は横幅30cmの大きめのハンドバッグなので、ぶつけたり、机や床に置いた際に角や表面にキズが付きやすいです。

上記画像は底角部分ですが、〇で囲っている箇所にスレキズが多数付いています。

このようにスレキズが付いていると、補修で直す事も出来ますが、補修費用が高額になる可能性があるので、ほとんどの場合キズがある状態のまま販売に出す事になります。

その際、販売価格を下げて出すので、買取査定時にも影響が出てきます。

今回の底角のキズでは、おおよそ1万~2万円程のマイナスになります。

 

次に金具を見ていきます。

ハンドルの付け根部分はビス止めがされていて、このビスがよく錆びてしまいます。

また、ルイヴィトンで使われている金具はメッキ加工が施されているので、スレキズや経年劣化でメッキが剥がれてしまう事が多々あります。

上記画像はハンドルの付け根部分とファスナー部分の金具です。

特にハンドルの付け根部分の金具は経年劣化で変色しています。

メッキ加工が施された金具は研磨する事が出来ないので、交換修理をするしか方法がありません。

交換修理をすると2万円以上になる事があるので、そのままの状態で販売に出す事になります。

 

最後にバッグ内側の汚れの有無の確認です。

スピーディ30の内側は何か生地を貼り付けているのではなく、レザーの裏側がそのままの状態になっているので、シミ汚れが付きやすく、落としにくいです。

特にペン跡などの黒いシミ汚れは目立ちやすいので査定に大きく響いてしまいます。

今回のバッグも内側の底部分にペン跡のようなシミ汚れが付いていました。

内側のシミ汚れは外側の汚れ程のマイナスはありませんが、それでも5千~1万円程のマイナスになりますので、ご使用の際はお気を付け下さい。

 

2.付属品

エピのスピーディ30には、付属品として保存袋とパドロック、カギが付いています。

保存袋に関しては査定に影響はほとんどありませんが、パドロックと鍵が欠品していると、3千~5千円程マイナスになってしまいます。

普段お使いの場合パドロックを使う方はほとんど無く、キーホルダーのような感じでつけている方が多いです。

中には外して使われている方もいると思いますので、買取査定に出す前に一度付属品の確認をしておいた方がいいでしょう。

今回は保存袋はありませんでしたが、パドロックとカギが付いていました。

 

3.エピ スピーディ30の市場相場動向

※2021年9月11日現在

1985年に発表されたエピラインの初期カラーのトレドブルーのスピーディ30の市場動向を見ていきます。

現在は廃盤カラーになっているトレドブルーのスピーディ30の現在の中古市場価格は、おおよそ4~7万円程です。

5年程前までは中古市場価格が1~4万円程だったので、若干相場が上昇しています。

その要因としてヴィンテージブームによるものが大きいです。

3年程前から海外のセレブの間でヴィンテージアイテムをファッションに取り入れるのが流行し世界的なブームになりました。

中でも年式が古くて状態の良いものは高額で取引される物も少なくなく、今回のスピーディ30もその影響を受けてか相場が徐々に上がってきました。

今後ヴィンテージブームがいつまで続くかわかりませんが、ブームが去ると相場が下落していくと思われますので相場が高い今のうちに買取査定に出すことをおススメします。

 

まとめ

以上、査定ポイントと市場相場動向をお伝えさせて頂きました。

今回のバッグは底角のキズと金具の変色、内側のシミ汚れがあった点が査定に響いてしまいました。

相談料・査定料が無料!

はじめての方でもお気軽にご連絡ください!